×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

釣り



船釣りは時期に関わらず探知機で魚群を沖まで追って行くので、棚を間違えなければ釣れない事はまず無い。


釣れない場合は、よほど合わせのタイミングが悪いか、タナを大幅に間違えている場合くらいだ。


底釣りの場合は、水深があると合わせは難しいので、針を飲ませてしまうと釣り易い。


沖の魚は岸近くの魚よりも臭くなく間違いなく美味しい。


船に酔わなくて船代が払えれば、船釣りは収穫が桁違いなので間違いなく楽しい。


釣り物もイワシからマグロまで魚屋に並んでいるものなら何でも狙える。


道具も船宿で貸してくれるのでクーラーだけ持って出かけても釣りになる。


堤防釣りは船に酔う人や船代を払いたくない人に人気がある。


堤防に魚が寄っていないと釣りにならないため魚によって時期が限られるのと、道具を自分で用意する必要があることの他、意外と防波堤から落ちた場合危険なので注意が必要。


関東では釣り人が入れる堤防が段々と減ってきている。


危険と言う理由が多いが、どうも先人達のマナーに問題があったという話を聞く。

釣れる魚は陸地に近いせいもあって、根魚は特に油の匂いがすることが多い。


磯釣りは地磯と離島に分かれるが、大体離島の方が釣り人が少ないため釣果に恵まれる。


磯釣りの場合は磯に魚が寄っていないと釣りにならないため魚種によって時期が限られるのは堤防と同じ。


長めの竿でウキを使う釣りになる。


コマセは必要でヒシャクで巻くか、網かごを使うバクダン釣りがある。


川釣りは下流ではアユ以外あまり美味しい魚が無いため海よりは人が少ない。


アユも季節が限られ、友釣りを主流に場所によってはコロガシ釣りも行われる。

コロガシは沢山の針を付けた糸を引っ張って、コイやヤマベなど他の魚も引っ掛けてしまうし、アユも根こそぎ釣ってしまうので、この釣り方が何故許可されているのか良くわからない。


川も上流に行けば養殖が多いがヤマメ、イワナなどの渓流魚の釣り場もある。

湖沼の釣りは水温が低い湖ではマスの仲間やワカサギなど美味しい魚が釣れる。


平地ではフナやコイなどが相手になるが、食べるわけではないのでゲームの要素が強い。

ルアーを使った釣りも盛んで返しの無い針を使いリリースするのがマナーとなっている。


釣堀はもっぱらヘラブナ釣りがメインになり、川や沼の釣りと区別して箱釣りと呼ばれる。

箱釣りのヘラブナ師は環境が静かなために、他とは比べ物にならない細かい当たりを見分けるためプライドも高い。


高橋真梨子 オンドマルトノ 潮干狩り 釣り 江の島 ズーラシア 野毛山動物園 無料写真 家庭菜園 航空機 食虫植物 巌流島 横浜散歩 中華街 オーボエ 渓谷 ブロンプトン 高尾山 三浦半島 渡良瀬橋 最高峰 大黒
無料写真 ズーラシア 野毛山動物園 江の島岩屋海岸 元住吉 等々力渓谷 江の島遠景 海釣り川釣り 江の島白灯台 横浜日吉普通部通り 横浜日吉中央通り 横浜日吉浜銀通り 横浜日吉サンロード